養命酒を飲んだあと、車を運転していいの?

冷え性や虚弱体質、胃腸虚弱などの滋養強壮剤として定評のある養命酒。

 

商品名が「酒」ですから、当然アルコール分が含まれています。

 

そこで気になるのが、養命酒を飲んだ後に車を運転したら飲酒運転になるのか?ということ。

 

毎日通勤や仕事で車に乗る方は気になりますよね。

 

実際どうなのでしょうか?

養命酒を飲んで運転すると飲酒運転になります!

やはりというか、当たり前ですが、お酒を飲んだことになりますので、運転前の服用はNGです。

 

 

道路交通法上、どんな罰則が?

養命酒を規定量飲んだ時に関わりのある罰則は「酒気帯び運転」「酒酔い運転」です。

 

「酒気帯び運転」とは、体に保有するアルコールが法で定められた以上の場合です。

 

これは飲酒量にして、清酒半合あるいはビール中缶1本ぐらいからといわれていますので、養命酒の規定量1回20mLの服用量では、通常はこの対象にはなりません。

 

 

もう一つの「酒酔い運転」ですが、アルコールの影響で客観的に正常な運転ができないと判断される場合です。

 

こちらは体内アルコール量に関わりなく、体質や極度の疲労、睡眠不足など、そのときの体調により、少量の飲酒でも「酒酔い運転」となることがあります。

 

そのため、養命酒の1回量であっても、顔が赤くなるなど、お酒に敏感な方は注意が必要です。

 

以上が道路交通法との関係ですが、法律はどうあれ、やはり安全運転の精神から考えても、運転前の飲用は控えてください。

 

普段から車を運転する方には「幸健生彩」がある

養命酒を始めたいけども、酒酔い運転になるリスクが気になる、という方におススメしたいのが、ノンアルコールの養命酒タブレット【幸健生彩】。

 

養命酒にも使われている6種類の生薬と、ビタミン、タウリンを配合し、胃腸障害、虚弱体質、滋養強壮に効果を発揮します。

 

養命酒と同一同量の生薬が入っているというわけにはいきませんが、アルコール分を気にせず摂取できますし、携帯に便利なので、昼間に出先でも気軽に服用できます。

 

>>【幸健生彩】の詳細を公式サイトで確認する

 

 

>>TOPページに戻る